新車乗用車販売台数2018年9月のランキングが発表になりました

9月の決算期(?)のためか、それぞれの台数が伸びています。CX-5は久々3,000台の壁を超えました。

2018年 マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
アクセラ
〈2,000台〉
CX-3
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
ロードスター
1月 2,938 279 2,045 1,658 1,323 4,098 498
2月 3,032 310 736 2,208 1,439 5,280 528
3月 4,342 397 9,289 3,050 2,258 7,593 771
4月 2,743 238 1.949 1.064 567 2,774 222
5月 2,484 33 2,219 1,203 2,060 3,519 232
6月 2,918 1,468 3.362 1,449 1,085 3,711 45
7月 2,028 445 2,270 1,267 852 3,413 645
8月 1,313 449 2,105 1,004 1,313 4,013 547
9月 2,477 5,018 1,841 2,183 4,643
10月
11月
12月

8月 CX-8 アテンザ CX-5 アクセラ CX-3 デミオ ロードスター
合計 24,275 3,619 28,993 14,771 13,080 39,044 3,488

アテンザとロードスターの数字はまだありません。

9月の数字を見ると、CX-5とCX-8の改良前の買い控えのようなことはまだ起きていないように見えますが…。


自販連のホームページ