マツダ「ロータリーエンジンを将来的に駆動として使いたい」

マツダは、「電動化とコネクティビティの技術戦略」の説明の記者会見でロータリーエンジンの将来についてふれています。

マツダの丸本明社長は同日都内で会見し、「ロータリーエンジンを将来的に駆動として使いたいというのは、マツダの従業員にずっと言い続けてきている。この夢を実現できるような会社に早くしたい。それを主導していくのが私の役目と思っているので、いつかはモノにしたい。そういったゴールを目指して、ロータリーエンジンレンジエクステンダーをEVとの組み合わせで提供していきければと思っている」と話した。

マツダ、ロータリーエンジンをEVレンジエクステンダーに…駆動用復活へ一歩 | レスポンス(Response.jp)

マツダの研究開発のボス・藤原氏が、レスポンスのインタビューの中で、今後のEVやローターリーエンジンの開発に関して語っています。

マツダは、最終的には、RX-VISIONを市販化するのでしょう。ピュアローターリーになるか、ハイブリッドになるかは、その時のお楽しみでしょうかね。

広告

フォローする

 

コメント

  1. jomon より:

    VISION COUPEを製品化出来るか次第ですかね。

    2.5Lターボの展開を進めていますが、なかなかキビシイのではないでしょうか?
    ハイパフォーマンス、高価格帯の展開が占えますね。

    高級化路線が無理なら、ロータリーエンジン車展開も厳しくなりますね。

    私的な希望は、高級路線を諦めて、MX-5を2x2化して200psのロータリー塔載ですけどね。