豪州マツダ、CarPlayとAndoroid Autoを標準にした新型CX-9を発売

豪州マツダは、CarPlayとAndoroid Autoを標準にし安全装備を充実させた新型CX-9を発売しています。

Mazda Australia has detailed the revised CX-9 range, headlined by the standard Apple CarPlay and Android Auto for the first time, along with a new range-topping variant.

Kicking off at $44,990 plus on-road costs for the entry-level Sport with front-wheel drive (+$1100), the range is now fitted as standard with the full suite of Mazda’s i-Activesense driver-assistance technologies, including adaptive cruise control with stop&go function, lane-keep assist, traffic sign recognition and automatic high-beam.

2019 Mazda CX-9 pricing and specs | CarAdvice

日本よりオーストラリアの方が、CarPlayとAndoroid Autoでは進んでしまいましたね。その他の装備を見ると全車速対応のMRCCなども採用されています。

タイヤ圧モニターって、日本では代かわりで不採用になる場合もあるのですが、CX-4やCX-9では採用しているんですよね。道路事情?

New Mazda CX-9 | The SUV where luxury meets family

コメント

  1. 通りすがり より:

    海外などについては、タイヤ圧モニター(TPMS)は義務化されているところもあるので、そういう仕向地には標準で装備されています。

  2. 管理者 より:

    法規対応と言う発想が抜け落ちていました。
    すぐに性格の悪さが出てしまう。