マツダCX-4、2018年7月の生産台数は5,429台

マツダが、2018年8月30日に発表した「マツダ、2018年7月の生産・販売状況について(速報)」によると、2018年7月のマツダCX-4の生産台数は5,429台でした。



2016年6月から2018年7月まで
合計149,686台、平均5,757台/月(2017年1月は推定値)

CX-4と言えば、中国メディアが、商品改良の内容をディーラーから確認したという記事を掲載しています。それによると、

  1. Smart Key
  2. Electric folding/heating exterior mirror
  3. Tire pressure monitoring
  4. 4 door window one-key lifting
  5. Key remote control switch window
  6. roof luggage rack
  7. New style of blackened wheels

などが、装備されるようです。一番気になるのは「Key remote control switch window」です。中国語を英語に翻訳しているので、分かりにくいですが…窓の開閉をリモコンで操作できるのかな?????

中国仕様のCX-4やアテンザに採用された技術・装備を、国内仕様には採用しないのでしょうかね?


【MAZDA】マツダ、2018年7月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

広告
 

フォローする