マツダ、米国のディーラー評価で業界平均以下

Pied Piperによる「ディーラーが潜在的なバイヤーに自動車をどれくらいうまく売っているかの調査(PSI)」において、マツダは、アメリカの業界平均以下の評価でした。

Audi topped an annual study called the Pied Piper Prospect Satisfaction Index (PSI), which measures how well dealerships are doing at selling cars to potential buyers. Tesla finished last.

(Audiは、Pied Piper Prospect Satisfaction Index(PSI)と呼ばれる年次調査を受賞しました。PSIは、潜在的なバイヤーに自動車を販売する際にディーラーが何をしているかを測定します。 テスラは最後に終わった。)


Audi Dealers Do It Best, Study Says | News | Car and Driver

記事は、アウディがトップでテスラが最下位だった点を取り上げたもので、各ブランドについてのコメントはありませんでした。

マツダのスコアは103で業界平均の104をわずかに下回っています。それでも昨年よりスコアが2増えています。それはそうと、TOP3には、レクサスとトヨタがあります。提携したならば、ディーラーの運営や営業マンの教育方法なども共有すればいいのにと思います(新世代店舗よりもこちらのほうが先でしょうに)。

アメリカに軸足をおいているスバルの評価がマツダよりも低いのが気になります。


Automotive Mystery Shopping Provider | Pied Piper PSI®

広告
 

フォローする