新車乗用車販売台数2018年7月のランキングが発表になりました

新車効果が、早くも息切でしょうか? アテンザもCX-3も三桁止まりです。CX-5やCX-8が好調とは言え、2018年7月はデミオ以外は30位圏外でした。

2018年 マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
アクセラ
〈2,000台〉
CX-3
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
ロードスター
1月 2,938 279 2,045 1,658 1,323 4,098 498
2月 3,032 310 736 2,208 1,439 5,280 528
3月 4,342 397 9,289 3,050 2,258 7,593 771
4月 2,743 238 1.949 1.064 567 2,774 222
5月 2,484 33 2,219 1,203 2,060 3,519 232
6月 2,918 1,468 3.362 1,449 1,085 3,711 45
7月 2,028 445 2,270 1,267 852 3,413 645
8月
9月
10月
11月
12月

7月 CX-8 アテンザ CX-5 アクセラ CX-3 デミオ ロードスター
合計 20,485 3,170 21,870 11,926 9,854 30,388 2,941

CX-3は「次の時代のスタンダードを創造する」と言いつつ、商品改良を繰り返しても全然目標台数にも届かないのは、かなり残念です。SKY-G 2.0やSKY-D 1.8を投入しても好転しませんね…。

ベストカーの記事に、

(思うように売れていない)この実情に対して首都圏のマツダ販売店営業担当者は、「現行モデルが発売になってから4年近くが経過しているので、ライバル車との競争力が落ちているのが要因だ。(以下省略)」

“マツダ地獄”は終わったか!? 新世代車一巡で下取り&値引きに変化あり? | 自動車情報誌「ベストカー」

と書かれていました。マツダが、非常識とも思えるくらいの短期間で商品改良を行い「最新が最良」であると謳っていることと相反しています。マツダの理屈が、市場には通用しないということなのでしょうか。

さらには、

特にアテンザ、アクセラ、デミオの値引き幅は大きい。最近マツダ車の多くはフルモデルチェンジ期間が長くなり、その代わり中間でマイナーチェンジや一部改良を繰り返すモデル戦略が増えている。

改良モデルに切り替える度に在庫一掃セールがあり、大幅値引きで処理する。これがリセールバリューダウンを再発させかねない状況になっている。

と続いています。「やっぱりそうだよねぇ。」と思いつつも、格好良さばかりアピールするけど、改良の一番重要な部分が、まるで宣伝されていないようにも思えます。このままで良いのでしょうかね?


自販連のホームページ

コメント

  1. jomon より:

    国内販売は震災影響も有るでしょうから、何ともですけど、、

    米国と中国の落ち込みは気になりますね。
    中国のCX-8投入を急ぎたい所ですね。