[リコール]北米マツダ、CX-5のカーテンエアバッグの不具合でリコール

北米マツダは、208年型CX-5のカーテンエアバッグが適切に展開しないおそれがあるとしてリコールを実施します。

Mazda North American Operations filed a Part 573 with NHTSA regarding a safety concern with certain Model Year 2018 Mazda CX-5 vehicles. Due to an inappropriate manufacturing process during the production of certain curtain air bags, the air bags may not unfold properly during deployment. This may result in an increased risk of injury to a passenger in a crash where the curtain air bag deploys during a rollover event.

(マツダ北米事業部門は、特定の2018年モデルのマツダCX-5車両の安全性に関する懸念について、NHTSAにPart 573を提出した。特定のカーテンエアバッグの製造中の不適切な製造プロセスのため、展開中にエアバッグが適切に展開しないことがある。これは、カーテンエアバッグがロールオーバーイベント中に展開するクラッシュにおいて、乗客が負傷する危険性を増大させる可能性がある。)

Statement on Recall of Certain 2018 Mazda CX-5 Vehicles | Inside Mazda

対象は、2018年型CX-5の682台です。事故やケガの報告は無いそうです。

ちょいちょいリコールが出てしまいますねぇ…。

広告
 

フォローする