[動画]マツダCX-8、ANCAPで五つ星の評価を獲得

マツダCX-8は、オーストラリアの新車アセスメントプログラム(ANCAP)で五つ星の評価を獲得しています。

評価の概要

試験の様子

対歩行者の緊急自動ブレーキの試験場面は、「危ない」と声が出てしまいます。でも、止まります(汗)。

評価を眺めての雑感

ANCAPのページから「Technical Report(PDF)」をダウンロードできます。これも見ながら感じたことを少し…。

マツダは、これまで後席でのチャイルドシートを使用した時の評価がイマイチだったのですが、今回はまずまずの評価になっています。CX-8のように後席を使う機会が多いとみられる車種でこの結果は評価できます。

安全支援装置では、自転車に対応する機能が不足していますが、それ以外の機能では、いずれも「GOOD」の評価です。HMIを含め装備している機能の大部分は、「ADEQUATE」以上の評価になっているのは素晴らしいです。

前席に座る乗員の保護では、膝下の評価が低めでした。ニーエアバッグを装備しているボルボXC40は「GOOD」でしたので、マツダ車にも順次ニーエアバッグを採用してほしいです。

ところで、同時期に五つ星の評価を獲得したボルボXC40の評価を見ると、ちょいちょい「MARGINAL」や「ADEQUATE」が見られます。HMIも「MARGINAL」でした。この辺りは、メーカーの姿勢が垣間見える気がします。


Mazda CX-8 (Jul 2018 – onwards) Crash Test Results | ANCAP

関連記事

マツダは、ニーエアバッグの特許を取得しています。次世代車から採用されるのでしょうか。
広告
 

フォローする