北米マツダ、トランプ政権の自動車輸入関税に反対の声明を発表

北米マツダは、トランプ政権が計画している自動車輸入関税に対して反対との声明を発表しています。

On behalf of the 32,000 Americans who support their families working for Mazda and Mazda dealerships across America, today we filed comments on the Commerce Department’s Section 232 investigation of automotive imports as a possible national security threat. The result of this investigation could be a 25% tariff on the import of automobiles and automobile parts. A tariff is a tax and it will be paid by American consumers. It will significantly increase the cost of every new vehicle sold in America, regardless of where it is built. As Mazda begins construction of our new auto factory in Huntsville, Alabama, we urge the Commerce Department to reject the premise that auto imports are a threat to national security.

(アメリカのマツダとマツダのディーラーに働く家族を支援する32,000人のアメリカ人を代理して、本日、通商拡大法232条の自動車輸入の調査が、この調査の結果は、自動車および自動車部品の輸入について25%の関税が適用される可能性がある。関税は税金であり、アメリカの消費者によって支払われます。それは、どこに建設されているかにかかわらず、アメリカで販売されるすべての新車のコストを大幅に引き上げます。マツダがアラバマ州ハンツビルで新しい自動車工場の建設を開始する中、自動車輸入は国家安全保障の脅威であるという前提を拒否するよう、商務省に要請する。)

Mazda Statement on Filing of Comments on Commerce Department Section 232 Investigation | Inside Mazda


トヨタもこの件に関して声明を出しています。

“A 25 percent tariff on automotive imports, which is just a tax on consumers, would increase the cost of every vehicle sold in the country. Even the Toyota Camry, the best-selling car in America, made in Georgetown, Kentucky, would face $1,800 in increased costs,” Toyota said in a statement.

「消費者に対する税金である自動車輸入の25%の関税は、国内で販売されるすべての車両のコストを増加させるだろう。トヨタは、ケンタッキー州ジョージタウンで行われたアメリカで最も売れ行きが良いトヨタ・カムリでさえ、コストが1,800ドルになるだろう。」

Mazda Joins Toyota in Condemning Trump’s Car-Tariff Plans – Bloomberg

自国の企業に脅しをかけるような大統領ですから、こういった声明に効果があるのか心配になります。そうは言っても、大部分が(アメリカにとっての)輸入車であるマツダにとっては、死活問題になりかねないので、しっかりと主張すべきです。

広告
 

フォローする