[特許]マツダ、右折時に自車スペースを検出して自動ブレーキを制御する特許を取得

マツダは、右折時に歩行者や自車スペースを検出して自動ブレーキを制御する特許を取得しています。

特許6347262 車両の制御装置

自車両が右折により進入する道路上において横断者が横断する横断歩道と対向車線との間に十分なスペースが存在する場合には、自車両を自車線内において停車させるよりも、そのような横断歩道の手前のスペース内において自車両を停車させるように自動ブレーキを行うほうが、自車両と横断者及び対向車両との衝突を回避しつつ、右折しようとするドライバの意思を優先したものとなっているため、より望ましい制御であると考えられる。

自車両が交差点において対向車線を横切って右折するときに自動ブレーキを行った場合に生じ得る問題点についての説明図

本発明の実施形態において横断歩道手前スペースが小さい場合に行う自動ブレーキ制御についての説明図

本発明の実施形態において横断歩道手前スペースが大きい場合に行う自動ブレーキ制御についての説明図


特許6347262 – 知財ポータルサイト『IP Force』(車両の制御装置)


こうして、いろいろな状況に合う制御を一つ一つ作っていくのは、相当な労力が必要ですね。

広告
 

フォローする