マツダ、東南アジアのメディアに次世代SKYACTIVを説明した模様

paultan.orgによると、マツダは、マレーシアやタイなどのメディア向けに次期Mazda3を含む次世代SKYACTIVの技術フォーラムを開催したそうです。


Mazda is so excited of its technology that it recently invited motoring journalists from the Asia Pacific region – including from Malaysia, Thailand, Philippines, Indonesia and Vietnam – to Fukuoka, Japan for its Mazda ASEAN Tech Forum 2018, with a test drive of a next-generation Mazda 3 prototype fitted with the SkyActiv-X engine billed as the highlight of the event.

DRIVEN: 2019 Mazda 3 prototype with SkyActiv-X engine – is a high-tech petrol mill still relevant?

ヨーロッパから始まり、北米、日本、そして東南アジア向けに説明、お披露目され、主要市場には話が終わったのかな?

プロトタイプの試乗レビューを読むと(以下、機械翻訳)、

  • トラクションコントロール、安定性コントロール、エアバッグが搭載されていない。
  • 低速の滑らかな道路では、ディーゼル風の微妙なチューンがありますが、速度が上がったり、粗い路面を走行したりすると目立たなくなります。
  • テスト中、タブレットの黄色のライト(SPCCI)が約60%点灯し、エンジンが主に圧縮点火で作動していたことが示されました。
  • 特に圧縮点火と火花点火の切り替え時に、ノッキングの音に気付きました。マツダはこの問題を認識しており、来年に生産バージョンが導入される前にそれを解決すると約束した。

などと書かれていました。特に目新しことはなかったように思います。

広告
 

フォローする