マツダ、アテンザにデザインや走行性能など多岐にわたる大幅改良を施し6月21日に発売

マツダは、フラッグシップモデルであるアテンザに大幅改良を実施し5月24日から予約を受け付け、6月21日に発売します。


今回の商品改良では、マツダブランドを牽引するフラッグシップモデルにふさわしい最新・最良の「走る歓び」を具現化することを開発の志とし、デザイン、走行性能、安全性能など、幅広い領域において性能や質感を大幅に向上。基本車型であるセダンを丹念に造り込むことにより、本質的なクルマの価値を提供します。

【MAZDA】「マツダ アテンザ」を大幅改良|ニュースリリース

新型アテンザの改良の概要

デザイン

デザインについては、洗練さとぬくもりの表現に注力。艶となめらかな風合いを併せもつ新しい質感を表現しました。本物の素材にこだわりつつ、日本の伝統美に通ずる色合いを表現。次世代のデザインの考え方も取り入れながら、エクステリア・インテリアともに上質なエレガンスを表現しています。



走行性能

走行性能に関するコンセプトは、”Effortless Driving(エフォートレス・ドライビング)”。様々な日常の運転シーンにおいて、クルマの性能をドライバーの意図通りに発揮させることで、心に余裕と安心が生まれ、ドライブをより楽しむことができる状態を目指しました。

内燃機関

内燃機関のたゆまない進化に取り組み、従来から設定のあるエンジン3機種すべてを進化(SKYACTIV-G 2.0、SKYACTIV-G 2.5、SKYACTIV-D 2.2)。「SKYACTIV-G 2.5」には気筒休止技術を採用。「走る歓び」をさらに高めるとともに、実燃費を向上。

マツダ新技術「気筒休止システム」 -SKYACTIV-Gの進化-

次世代車両構造技術

「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ-ビークルアーキテクチャー)」の要素を一部採用。シートおよびサスペンションシステムの構造を一新するとともに、ボディには環状構造のつながりを良くするため効率的な補強を施し剛性を高めました。


サスペンションの一新と、乗り心地の向上等を実現した新開発タイヤを採用したことで、より味わい深く、質感高い走りへと熟成させました。

安全領域

マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」として、MRCCを全車速追従機能付に、ALHのヘッドライトのLEDユニットを20分割化、アドバンストSCBSに夜間歩行者検知機能付などを新たに採用。

快適性・利便性

メーカー希望小売価格

関連記事