マツダ、CX-3に大幅改良を施し5月31日に発売

マツダは、エンジンやエクステリアデザインを新しくするなど大幅改良した新型CX-3を5月31日に発売します。


マツダは、パーソナルユースに優れたコンパクトクロスオーバーSUV「マツダCX-3」を大幅改良するとともに、ディープレッドの専用ナッパレザーシートを採用した特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブ モッズ)」を新設定して、全国のマツダ販売店を通じて本日予約受注を開始、5月31日に発売します。

新型CX-3の概要

操縦安定性の進化

操縦安定性の領域では、コンパクトカーとしての優れた取り回しを活かしながら、街乗りから長距離走行まで快適な運転を楽しんでいただくために、次世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ-ビークルアーキテクチャー)」を一部採用。サスペンションやシートウレタンを改良するとともに、新開発のタイヤを採用することにより、クルマを操る楽しさだけでなく、乗り心地や静粛性の向上を図っています。

エンジンの進化

エンジンについては、「走る歓び」と「優れた環境性能」を高次元で実現することに注力。マツダ初採用となる新開発クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」は、日常シーンでの燃費および環境性能を向上させるとともに、高回転域における高トルクにより、力強く伸びやかな加速を実現。意のままの走りをさらに進化させています。また、「SKYACTIV-G 2.0」ガソリンエンジンについては、「CX-5」でも採用している「エッジカットピストン」や「新ノズル付き拡散インジェクター」などの新技術により、全回転域にわたるトルク向上を達成しながら、実用燃費の向上に貢献します。

デザインの進化

デザイン領域では、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更することにより、車格感の向上を図っています。また、センターコンソールを大幅に変更。デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設することにより、快適性の向上・疲労の軽減を図っています。

先進安全技術の進化

安全性能に関して、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」をマツダ車で初採用。加えて、全車速追従機能付「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」「360°ビュー・モニター」「自動防眩ミラー」の設定により、昼夜を問わずドライバーの認知をサポートします。

特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」の概要


上質かつ都会的に洗練された、「CX-3」の最上級モデルとして新たに設定。素材と配色に注力することにより、先鋭さとモダンさを表現。

ベース車

「20S L Package」、「XD L Package」のSKYACTIV-DRIVE(6AT)車

特別装備
  • 専用インテリアコーディネーション(ディープレッドナッパレザーシート、インパネデコレーションパネル)
  • 18インチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)
  • スーパーUVカットガラス&IRカットガラス(フロントガラス・フロントドアガラス)
ボディカラー

チタニウムフラッシュマイカとエターナルブルーマイカを除く6色をラインアップ。

グレードと価格

SKY-G 2.0搭載車

SKY-D 1.8搭載車


【MAZDA】「マツダCX-3」を大幅改良|ニュースリリース

関連記事など

コメント

  1. jomon より:

    技術解説も出てますね。

    新開発の1.8Lディーゼルエンジン、NOx低減と燃費向上を両立
    http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00281/051500005/

    従来の1.5Lエンジンではトルクが220N・m以上の高負荷領域でEGRが使えなくなり、NOx排出量が増えていた。
    排気量を1.8Lに増やすことで、EGRが使える負荷領域を拡大した。