2022年のマツダのラインナップを妄想 #2-SUV・クロスオーバー

第7世代群に切り替えが進むマツダ車の2022年のラインナップを妄想します。乗用車系に引き続きSUV・クロスオーバー系です。

2022年のマツダのラインナップを妄想

これまでの情報を参考にしながら、単なる妄想を展開します。2022年は、マツダが2017年に披露した次世代技術が、もれなく市場に出ている頃になります。

SUV・クロスオーバーラインナップ

このカテゴリーの目玉は、アメリカ新工場で生産される「CX-X(仮)」です。CX-3、CX-4、CX-Xは同じCセグメントに属するので、はっきり性格が分かれる。

CX-3
  • Cセグメントにサイズアップ
  • ホイールベースは次期アクセラと共通になり後席居住をアップ
  • エンジンは、SKY-D 1.8とSKY-X 2.0
CX-4
  • 引き続き中国専売
  • クーペスタイルSUVを極める
  • エンジンは、SKY-X 2.0とSKY-X 2.5
CX-X(仮)
  • セダンとSUVのクロスオーバー
  • 高級志向の車
  • エンジンは、SKY-X 2.5
CX-5
  • KF系よりもラグジュアリー志向を強める
  • 本格SUVは過去の話
  • FRベースのAWDプラットフォーム採用
  • エンジンは、SKY-X 2.5とSKY-D 2.2
CX-8
  • 仕向地によってはSUV・クロスオーバー系の旗艦モデルなのでそれなりに上級志向
  • FRベースのAWDプラットフォーム採用(CX-9と共用)
  • エンジンは、SKY-G 2.5TとSKY-D 2.2
CX-9
  • SUV・クロスオーバー系の旗艦モデル
  • 最上級にして最高級
  • FRベースのAWDプラットフォーム採用
  • エンジンは、SKY-G 2.5TとSKY-D 3.0


CDセグメントにクーペスタイルSUVのような、大きさや乗員数ではなく、デザイン推しの旗艦モデルがある方が、マツダらしいかも。

電気自動車

電気自動車もCセグメントに属しプラットフォームを共有するそうですから、仕向地の事を考慮すると、CX-Xと共通性をもたせたシルエットのクロスオーバーSUVになるのでは?

コメント

  1. exa より:

    CX-X(仮)は、カリカリのスポーツクーペクロスオーバーでFRシャーシの方を採用した復活「CX-7」になるのではないか、なんて思っています。