マツダ、CX-3をCセグメント化して2019年にフルモデルチェンジするとの報道

日刊工業新聞によると、マツダは、CX-3をアクセラベースに大型化して2019年にフルモデルチェンジするそうです。

マツダは小型スポーツ多目的車(SUV)「CX―3」の次期モデルを、現行の「デミオ」ベースから「アクセラ」ベースに大型化して2019年に発売する。ディーゼル車のエンジンは現在の排気量1500ccより大きい同1800ccを採用する。日本とタイに加えてメキシコでも生産し、北米への供給体制を強化する。商品力と供給体制をテコ入れし、販売に弾みをつける。

現行のCX―3はデミオと同じホイールベース(前後輪の間隔)でトレッド(左右輪の間隔)を広げており、「Bセグメント」と呼ばれる小型車に属する。次期CX―3はこれを「Cセグメント」と呼ばれる1ランク大きいアクセラベースに大型化。小型車のニーズが少ない米国などでの販売増につなげる。

マツダ「CX―3」が大型化 19年モデルから1800ccに | 自動車・輸送機 ニュース | 日刊工業新聞 電子版


マツダは、今のところCセグメントと見られている「CX-X」をアメリカの新工場で生産・販売する予定です。CセグメントSUVは、他にCX-4とCX-5もあり、4車種もこのセグメントに投入するのは不自然というか、もったいない気もします。

欧州でのBセグメントSUVが、空席になるのはヨシとするのでしょうかね?

広告
 

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    デミオの少し上が寂しくなりますね。
    なので、スライドドアのデミオショートワゴンの追加をお願いしたいですね。