マツダCX-4、2018年3月の生産台数は5,214台。前年比69.6%と大きくダウン

マツダが、2018年4月26日に発表した「2018年3月および2017年4月~2018年3月の生産・販売状況について(速報)」によると、2018年3月のマツダCX-4の生産台数は5,604台でした。


2016年6月から2018年3月まで
合計128,238台、平均5,829台/月(2017年1月は推定値)

マツダCX-4の生産台数は、前月から390台増えましたが、前年同月比では、-30.6%の5,604台と大幅に減少しました。

先日、インテリジェントテールゲートとリモートコントロール機能を追加した、『科技限量版』を追加しています。中国は、SUV天国で競争が激しいため、これらの機能も、次の改良時により多くのグレードで採用されるのではないでしょうか。

その中国では、CX-8の現地生産・販売のニュースもありました。CX-3、CX-4、CX-5、CX-8とSUVのラインナップが揃いましたねぇ。


【MAZDA】マツダ、2018年3月および2017年4月~2018年3月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

広告
 

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    1~3月の合計は前年と同じなので、4月以降次第ですね、このまま増えない様ならヤバいかもですね。