マツダMX-5の出力アップはエンジンパーツの軽量化などで実現

2019年型マツダMX-5は、エンジンパーツの軽量化などで20馬力以上のパワーアップを実現しているそうです。

この情報は、加マツダのディーラーやMiata.netのフォーラムなどから明らかになったそうです。


In order to achieve this, the engine has apparently been equipped with lightweight pistons, a new crankshaft and an improved intake. Other changes are slated to include lighter connecting rods, a new throttle body and a freer flowing exhaust.

New Document Suggests 2019 Mazda MX-5 Miata Will Have 181-HP | Carscoops

「出力アップは、回転数をあげること」ということで、軽量ピストン、新しいクランクシャフト、軽量コンロッド、新しいスロットルボディ、排気系の変更などで、現在の155HP(157.1PS/115.6kW)から、新型では181HP(183.5PS/135.0kW)にアップするそうです。この出力アップに合わせて、デュアルマスフライホイール(DMF)を採用しているとのこと。

他の装備も見直され、SCBSを新たに装備し、テレスコのステアリングホールとリアビューカメラが付き、CDプレイヤーの設定はなくなっているそうです。

ただし、これらの変更の噂は、カナダ仕様についてのもので、他の仕向地ではどうなるかは分かりません。

NTHSA(米国運輸省道路交通安全局)に提出された資料には、2019年型マツダMX-5の出力が181HPと記載されているそうです。
広告

フォローする