マツダ、CX-8を北京モーターショーに「参考出品」

マツダは、北京モーターショー2018にCX-8を「参考出品」すると発表しました。

マツダは、4月29日から5月4日に一般公開される「北京モーターショー2018」において、新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」を参考出品します。また、「ロードスター RF」、「CX-5」、「アテンザ」といった新世代商品群から計10台を出品いたします。

「CX-8」は、マツダの日本国内SUVラインナップにおける最上位モデルであり、多人数乗用車でありながら、走りもスタイルも妥協したくないというお客さまに向けて、「3列シートクロスオーバーSUV」という新たな選択肢を提供する商品です。昨年12月の日本国内発売以降、累計受注台数は2万台を超え、30~40代を中心に幅広いお客さまにご好評をいただいております。今般、世界最大の自動車市場であり、大型SUV人気が高い中国のモーターショーに参考出品し、中国および海外のお客さまにも広く紹介いたします。

【MAZDA】マツダ、北京モーターショーに「CX-8」を参考出品|ニュースリリース

リリースの中では、「海外初公開」と表現しています。着々と中国国内生産の準備が整えられていると言われる中、なんか白々しいです(笑)。

なぜ、CX-9ではなく、CX-8なのでしょうね。

中国メディアが、長安マツダが2018年にもCX-8を生産・販売するかもしれないと報じています。まじですか?