マツダCX-5はプレミアムブランドに迫る出来栄え

AUTOCARが、(海外基準の)コンパクトSUVを乗り比べて評価する特集を組んでいました。

まめに予選を行い、マツダCX-5とBMW X1、ボルボXC40が決勝に残りました。結果は、1位XC40、2位CX-5、3位X1となりました。

このレビューの中で注目されるのが、プレミアム勢に劣らぬマツダのクオリティです。何が劣らないのかというと、

  • 後席と荷室の広さ
  • インテリアトリムは頑丈さ
  • コラムレバーやウインドウスイッチ、ヒータースイッチなどの手応え
  • レザーの柔らかさやステッチの丁寧さ
  • 上質な装飾のタッチ
  • シャシーの(パワーに対する)余裕
  • ステアリングの手応えも速さも最適
  • サスペンションは乗員すべてが快適に過ごせる
  • ドライビングも楽しめる

劣る点としては、インフォテインメントシステムです。例のアレが無い点を指摘されています。

最終的に、「コストパフォーマンスと実用性、運動性の円熟味によって2位に食い込んだ」そうです(笑)。これからのマツダの評価は、内外装、操縦性などCX-5とCX-8が基準になると思います。これに対して新型アテンザがどうのように評価されるのか、楽しみです。


コンパクトSUV、何を買うべき?(4) 決勝ラウンド 後編 – 初試乗 | AUTOCAR JAPAN

広告
 

フォローする