マツダが2019年に投入するEVはMazda3サイズのクロスオーバー?

AutoRAI.nlが、欧州マツダのバイスプレジデントが電気自動車の話をしている記事を掲載しています。色々と興味深い話題が出てきています。

Het hoge woord is eruit. De beroemde wankelmotor (rotatiemotor) van Mazda maakt een comeback! Mazda introduceert in 2019 een volledig elektrische auto. Die wordt optioneel leverbaar met een range-extender in de vorm van een wankelmotor. Martijn ten Brink, Vice President Sales en Customer Service van ‎Mazda Motor Europe, vertelt in een interview met AutoRAI.nl wat we mogen verwachten.

Mazda’s elektrische auto krijgt optioneel wankelmotor als range-extender

マツダヨーロッパのセールスおよびカスタマーサービスのバイスプレジデントが、2019年に導入する完全電気自動車とレンジエクステンダーとして採用するロータリーエンジンのことを話しています。

特に興味をひかれた部分を、日本語に機械翻訳してピックアップします。

  • Mazda3のサイズの車。クロスオーバーのようなモデルがいい
  • 新プラットフォームは、Mazda2、CX-3、Mazda3が共有する
  • 新しいスモールカー・プラットフォームは、バッテリーを底部に搭載できる
  • 電気自動車の命名は決定していない
  • 電気自動車のオプションとしてロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダーを供給する
  • レンジエクステンダーにターボは使っていない。純粋に発電機として機能する

Mazda2のようなBセグメントになると思っていた電気自動車は、Mazda3のようなCセグメントになるとのことです。もしかしたら、クロスオーバーになるかもしれないなんて、時代の流れには勝てない(乗っかる)のですね。すると、ジャガーI-PACE(4,682x2,011x1,565mm)を想像するといいのかな?

新プラットフォームは、BセグメントとCセグメントで一つ、CDセグメント以上で別の物を用意するようです。FR化のことも考えると「なるほど」と合点がいきます。

記事は最後に、ダウサイジングの流行に乗らず、ノンターボでライトサイジングのSKYACTIVエンジンは、現実的なWLTP測定方法の到来によりメリットが出ている、と、してやったりのようなコメントで締めくくっています。

コメント

  1. jomon より:

    CX-4の欧米投入に合わせて、CX-4EV投入ですかね?
    Bセグは、中米で不人気ですからね。

    中国は長安汽車からの小型EVのOEMと、一汽マツダでCX-4EV展開ですかね?

    CX-3は不遇なままですね。