マツダCX-4、2018年1月の生産台数は7,216台、3ヶ月連続7千台超え

マツダは、2018年2月27日に発表した「マツダ、2018年1月の生産・販売状況について(速報)」によると、2018年1月のマツダCX-4の生産台数は7,216台でした。


2016年6月から2018年1月まで
合計117,420台、平均5,871台/月(2017年1月は推定値、2017年7月は計算値)

2017年9月以降は、7,000台を越えることが度々あり、2016年よりも調子が良いですね。とは言え、そろそろモデルライフの後半になり、ライバルのモデルチェンジに対して今後の売れ行き(生産数)に注目です。

フェイスリフトは、来年かな?


【MAZDA】マツダ、2018年1月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

広告
 

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    中国は他の車種も絶好調ですね。
    利益回収が少ないのが残念です。

    CX-5が大増産、輸出増なので、欧米販売が増えるのに期待します。