マツダ藤原氏「次に出るクルマは、ほぼ理想の姿で人間の思う通りに動く」

日経ビジネスオンラインの例の連載でマツダの藤原大明神が、第7世代をほぼ理想の姿で走るクルマと話しています。

一番のウリは「違和感のない違和感」

藤:藤原氏、F:フェルディナント・ヤマグチ氏

藤:(全部スルーして)ともかく、次に出るクルマは、SKYACTIV-Xというエンジンとともに、一番のウリは「違和感のない違和感」になります。従って、何が特徴なのかと聞かれると、説明するのが非常に難しい。ちょっと答えに窮してしまうところもあるのですが(苦笑)。

F:すると、鈍い人は乗っても分からないかもしれない。

藤:分からんでしょうね、たぶん。あ、でもフェルさんみたいにロードバイクに乗っている人は分かると思います。ロードって、あまりこう気にせずに乗れるよね、注意しなくても乗れるよねというものと、少しこう違和感があって、注意深く乗らないといけないかな……という差があるじゃないですか。乗りやすいのと乗りにくいのの差が。あれと一緒です。

F:ありますあります。それはもうモデルによってガラッと違います。

藤:そういった、ロードバイクの感覚と似ているかもしれません。今度のアーキテクチャーは、意図しないというか、注意しなくてもいいというか、運転することに関して、努力しなくてもいいというものなんですよ。運転していて、ほとんど違和感を覚えないんです。だから努力しなくてもいいんです。注意を払わなくてもいい。

それがついに実現するんです。ほぼ理想の姿で

藤:コーナーで曲がるとき、スッとこう気持ちよく走ってくれるんです。スポーツの方向に振って、ブッシュを外してピロボールにして足回りをガチガチにすれば、スピードも上がってクルマの挙動は良くなるんですが、それとは明確に違う。人間の思う通りに動くんですよ。それがついに実現するんです。ほぼ理想の姿で。

F:ドライビングの理想形。そこまでおっしゃいますか。

藤:私がドイツで初めてテストコースの外で乗ったとき、3分で、このへんにうゎーっと鳥肌が立ちましたから

この記事の前半は、下取り価格が高くなりマツダ地獄から抜け出している、という話だったのですが、自分の体験を基に「いやいや、そんなに下取り価格は高くなかったぞ!」とツッコミながら読んでいました。

そして、この「理想の姿」と言う表現を目にして、そこまで言うんだ?! と正直思いました。ただ、注意深く乗らないとよく分からないなんて、なんともずるいです。


“マツダ地獄”は本当に終わるのか? (3ページ目):日経ビジネスオンライン