マツダのベンチマークはBMWからトヨタ カムリに

AutoGide.comによると、以前ベンチマークとしていたBMWが、その対象にふさわしくなくなったので、今はトヨタ カムリを見ているそうです。

In the past, the engineer explained that Mazda frequently held BMW as a benchmark — the German automaker is supposed to be famous for building Ultimate Driving Machines, cars that are engaging, fun to drive, and focus on the driver. It’s fair to say that Mazda has a similar philosophy for its cars. The products from the Japanese automaker always impress by their engaging driving dynamics and how they handle(以前は、マツダはBMWをベンチマークとして頻繁に開催していたと説明しています。ドイツの自動車メーカーは、Ultimate Driving Machinesの建設で有名になっています。マツダも同じような哲学を持っていると言っても過言ではない。日本の自動車メーカーの製品は、魅力的な運転ダイナミクスとその取り扱い方法によって常に印象的です).

The Simple Reason Why Mazda No Longer Benchmarks BMW » AutoGuide.com News

ところが、記事によると、BMWは運転の喜びを優先させておらず、今日ステアリングフィールやエンジン、エキゾーストノイズ、重量などのアプローチでたびたび批判を受けるようになっている。その車は、人工的に感じになり魅力的ではなくなっていることから、もはや、マツダは、BMWをベンチマークとはしていないそうです。

そこで、トヨタ カムリの登場です。新プラットフォームになったカムリのハンドリングは、実に良くなっており、先代がアレだけ売れたのだからとマツダは色々と懸念を持っているそうです。


KBBの評価をMazda6とカムリで見てみると、それほど違いはありませんでした。
2017 Mazda MAZDA6 KBB Expert Review:KBB Expert Rating 8.9 / 10
2017 Toyota Camry KBB Expert Review:KBB Expert Rating 9.0 / 10

広告
 

フォローする