トヨタが水素ロータリーの市販化を後押しするかも??

トヨタが、マツダのロータリーエンジンを電気自動車のレンジエクステンダーに採用したのは、別な理由があったと見る記事がありました。

さらにロータリーにはレシプロエンジンにない特性がある。ガソリンだけでなく、水素も燃料にできるのだ。ロータリーではエンジン内の燃料を噴射する空間と燃焼する空間が異なるため、水素を燃料にしてもレシプロエンジンのようなバックファイア(異常燃焼)が起こりにくい。エンジンの改造も簡単で、ガソリンと水素を同時に燃料として使えるという強みもある。

しかもガソリン併用が可能な水素ロータリーは、水素ステーションが少なくても既存のガソリンスタンドで燃料を補充できる。FCV時代への橋渡し役を担うエンジンとして最適なのだ。トヨタは次期HV用エンジンとしてだけではなく、将来の水素FCV時代をにらんでロータリーを選択したのである。トヨタが相互出資という異例の厚遇でマツダと提携した一因に、「終わった技術」と考えられていたロータリーの囲い込みがあったとすれば納得がいく。トヨタの深慮遠謀おそるべしだ。

トヨタがマツダの「燃料喰い」ロータリーエンジンを採用する理由(3ページ目) – M&A Online3

水素社会云々と言われていても、水素の生産やインフラの整備など、電気自動車の改良の進み具合と天秤にかけると、どうなるのでしょう。

この流れで、トヨタ+ロータリーエンジン=GAZOOブランドのロータリースポーツカーなんてなったら、笑えないです。


ちょいちょい、マツダを格下に見た記述があるのが気になります(世間的な評価の表れ?)。