マツダの期間従業員が過去最多の水準になる

中国新聞によると、マツダの1月時点の期間従業員が、1769人と過去10年で最多の水準になっているそうです。グローバルでの好調を受けた形です。

マッダの期間従業員数が1月時点で1769人と、過去10年で最多の水準になっていることが31日、分かった。スポーツタイプ多目的車(SUV)の生産が伸び、高操業が続いているのが要因。自動車メーカー間で人材の獲得競争が激化しており、部品メーカーにも影響が及んでいる。

期間従業員は主に工場の生産ラインなどで働いている。1月は前年同月より133人多かった。過去10年を1月時点で比べると、リーマン・ショック後の業績低迷などで2010年は88人まで減少。その後、増加傾向に転じ、増産が続いた14、15年に急増した。

マッダは、期間従業員を増やした理由を「業績と生産台数の増加に伴う」と説明する。


マツダ期間従業員1769人 1月時点、過去10年で最多水準 | 中国新聞アルファ


関連記事のスクリーンショットを撮り、Microsoft AzureのComputer Vision APIを用いてテキスト化しています。リンク先は、スクリーンショットを撮った記事とは同内容の別記事になっています。

広告
 

フォローする