[リコール]マツダ、SKY-D 1.5のエンジンの保護制御が不適切なためリコールを届出

マツダは、SKY-D 1.5を搭載するデミオ、CX-3、アクセラを対象にエンジンの保護制御が不適切なため、最悪の場合、エンジンが損傷する恐れがあるとしてリコールを届け出ています。

デミオ、CX-3、アクセラのリコールについて (1)

リコール開始日

平成30年02月02日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ディーゼルエンジンにおいて、エンジンの保護制御が不適切なため、無負荷状態でアクセルを全開した際に燃焼異常が発生しても、エンジン保護機能が作動しません。そのため、燃焼異常により燃焼圧力が上昇し、最悪の場合、エンジンが破損するおそれがあります。

対象車

改善措置の内容

全車両、エンジン制御プログラムを対策プログラムに修正するとともに、エンジンおよびDPF(黒煙除去フィルタ)に堆積した煤を清掃します。


デミオ、CX-3、アクセラのリコールについて (1)|リコール・サービスキャンペーン等情報