もういまいちじゃない?マツダの「寒冷地仕様」

新型CX-5(KF系)から念願のワイパーデアイサーが装備されるようになり、すっかり「いまいち感」が薄くなりました。

後席の空調は改善要

上級車では、標準化されている装備がある中、アクセラより小さい車種では、主に後席への配慮に欠ける装備になっています。後席の利用頻度を考えると…ということなのでしょうが、せめてリアヒーターダクト、または、リアベンチレーターを標準にして欲しいと思います。

ワイパーデアイサーも採用拡大中

KF系に続き、Mazda6の大幅改良からワイパーデアイサーが装備されているので、アテンザにも載ると思われます。なんだ、フルモデルチェンジしなくても載るなら、順次採用を拡大して欲しいです。

こうして見ると、スペック上は「いまいち感」がずいぶんと薄まったと思います。「いまいち感」が無くなるのは、多くの車種で設定されるようになる時ですね。

主なマツダ車の寒冷地仕様一覧

装備CX-8CX-5アテンザアクセラCX-3デミオ
ヒーター付きドアミラー◯(XD以外)標準標準AWDのみAWDのみAWDのみ
リアヒーターダクト3ゾーン対応リアベンチレーターリアベンチレーター標準
ワイパーデアイサーAWDのみAWDのみ(新型から)
リアフォグランプAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみ
ヘッドランプウォッシャーAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみ
シートヒーターFR◯(XD以外)プロアク以上プロアク以上プロアク以上プロアク以上S以上
RRLパケのみLパケのみLパケのみ
ステアリングヒーター◯(XD以外)プロアク以上プロアク以上プロアク以上プロアク以上


マツダとしては、「寒冷地仕様を特に設定しておりません。全車寒冷地を考慮した仕様となっております。」という立場なので、i-ACTIVSENSEと同じようになるべく広い車種でオプションでもいいので載せられるようにして欲しいと思います(CX-5やアテンザでは全車標準のヒーテッドドアミラーが、CX-8ではXDに設定なしとか不思議な設定を解消すべき)。

広告
 

フォローする