北米マツダ毛籠氏「EVでもマツダらしい楽しさを維持する」

再びAutomotive Newsが、北米マツダのボス毛籠氏の電気自動車に関する話を伝えています。

ただ、話を細切れにして記事にしているだけのような…。

それはそれとして、これまで何度かマツダの中の人が言っていたことと同じ内容だと思います。電気自動車と言えども、マツダファンが期待している、マツダらしい楽しさを維持することにエンジニア達が挑戦しているそうです。

He said it’ll be up to engineers to rise to the challenge and retain Mazda’s fun factor in an electrified vehicle.

“Our engineers will enjoy another new challenge to make an EV to be a true Mazda with driving performance. That’s what customers expect from Mazda,” Moro told Automotive News.

Mazda’s electrified vehicles won’t lose their zoom, Moro says


アクセラハイブリッドでトヨタのエンジニア達が、自車のと違いの大きさに驚いたと言う話を何度か目にしていますが、電気自動車でも、「えっ?!」と驚いたり、関心したりすることが、きっとあるのでしょう。


ところで、マツダのロータリーエンジンが、トヨタのe-Palletにレンジエクステンダーとして採用されることが大きめに報じられると、もっとマツダ自身の使い方をしっかり話さないと、どちらがメインの使用法か分からなくなってしまいます。決して、トヨタのメインでREを作るわけじゃないでしょうに。

広告
 

フォローする