新車乗用車販売台数2017年12月のランキングが発表になりました

2017年12月の新車販売台数ランキングは、マツダにとっては、散々な結果となってしまいました。

CX-5
〈2,400台〉
アクセラ
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
CX-3
〈3,000台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-8
〈1,200台〉
インプレッサ
〈2,500台〉
1月1,7123,2274,2271,2839066,227
2月4,1212,2944,9341,4474156,791
3月9,6694,1057,0822,0791,5289,969
4月2,2351,6402,0476644734,077
5月2,2791,6513,0417253655,678
6月2,8111,9584,8454813818,480
7月2,7141,9144,4982,0713607,645
8月2,5235183,7401,4153175,056
9月4,5554,2235,3432,1786854,929
10月3,7471,5762,5481,1042925,390
11月3,1481,5091,8369533527264,294
12月2,0911,2715,1617793102,0814,635
12月CX-5アクセラデミオCX-3アテンザCX-8インプレッサ
合計41,60525,88649,30215,1796,3862,80773,221
平均3,4672,1574,1091,2665321,4076,102

黄色い部分は、2017年の平均が目標台数未満だった車種。

CX-3は、結局、1度しか30位以内に入ることが出来ませんでした。アクセラもいまいちな一年でした。アテンザは言わずもがなですね。CX-5とデミオのみが、気を吐いた形になりました。

仮にマツコネが、足を引っ張っているのなら次期アクセラまで辛抱するしかないんですよね。というか、CX-8のマツコネのモニターが7インチという設定自体が「アホ」です。なぜ、最初から8インチにしないのでしょうね。こういう中途半端なところがイラッとします。

2018年は、アテンザの商品改良しかトピックがないので、我慢の一年になりそうです。


自販連のホームページ

コメント

  1. jomon より:

    マツダの販売力(販売戦略)の弱さは筋金入りですね。