新車乗用車販売台数2017年11月のランキングが発表になりました

2017年11月のマツダの販売台数は、CX-5のみが30位圏内にあるだけととても少なくなっています。今月からCX-8も集計の仲間入りです。

CX-5
〈2,400台〉
アクセラ
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
CX-3
〈3,000台〉
アテンザ
〈1,000台〉
CX-8
〈1,200台〉
インプレッサ
〈2,500台〉
1月1,7123,2274,2271,2839066,227
2月4,1212,2944,9341,4474156,791
3月9,6694,1057,0822,0791,5289,969
4月2,2351,6402,0476644734,077
5月2,2791,6513,0417253655,678
6月2,8111,9584,8454813818,480
7月2,7141,9144,4982,0713607,645
8月2,5235183,7401,4153175,056
9月4,5554,2235,3432,1786854,929
10月3,7471,5762,5481,1042925,390
11月3,1481,5091,8369533527264,294
12月

合計CX-5アクセラデミオCX-3アテンザCX-8インプレッサ
11月39,51423,10642,30513,4475,72472668,586

黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています。

今月も最も売れたのがCX-5という…ただ、決してSUVが強いかと言えば、そうではなく、CX-3は1,000台を切るまでになっています。「CX-3には、1500ccのガソリンを追加だ!」なんてことにはならないでしょうが、なんとも痛い話です。

CX-8が、すでに集計されているとは思いませんでした。まずは、726台から。7人乗りが7人乗りとしてミニバンの代替にはなりにくいかも知れませが、一定の買い替えと新規ユーザーを連れてきて欲しいところです。


自販連のホームページ