マツダ、今後の計画を少しだけ話す

シンガポールで新型CX-5の発表が行われた際、マツダのASEAN事業室長である井上氏が、SKY-2に関して少しだけ話しています。

新型CX-5のお披露目のイベントでの話なので、「引き算の美学」は、日本料理に似ているなどとエクステリアデザインのキープコンセプトの話なども書かれています。

そして、本当に少しだけHCCI技術を採用する新型ガソリンエンジンについて話しています。

As for Skyactiv, Mr Inoue says a more revolutionary approach to fuel efficiency is around the corner. Mazda engineers have been working on a new type of engine that he says will be ready for production in 2018(Skyactivについては、より効率的な燃料効率への革新的なアプローチが迫っている、と井上氏は語る。マツダのエンジニアは、2018年に生産準備が整えられると言う新しいタイプのエンジンに取り組んでいます).

Like a diesel engine, it ignites fuel and air by compressing it instead of using spark plugs, but will run on petrol. That innovation could boost efficiency by as much as 30 per cent, and give Mazda’s cars class-leading fuel consumption figures(ディーゼルエンジンのように、それは点火プラグを使用する代わりに圧縮して燃料と空気を点火するが、ガソリンで動く。その革新は効率を30%も向上させ、マツダのクラストップクラスの燃料消費量を与えることができます).

どうやら「計画」は、順調に進んでいるようです。2020年までにそれぞれ世界にただ一つの新型エンジンが、2つも登場する可能性があるなんて、ワクワク過ぎますわ。


Mazda’s secret plans revealed

広告

フォローする