新車乗用車販売台数2017年6月のランキングが発表になりました

インプレッサの快進撃を横目に、アクセラは今月も30位圏外になっています。デミオとCX-5だけがランクインしています。

CX-5
〈2,400台〉
アクセラ
〈2,000台〉
デミオ
〈5,000台〉
CX-3
〈3,000台〉
アテンザ
〈1,000台〉

インプレッサ
〈2,500台〉

1月1,7123,2274,2271,2839066,227
2月4,1212,2944,9341,4474156,791
3月9,6694,1057,0822,0791,5289,969
4月2,2351,6402,0476644734,077
5月2,2791,6513,0417253655,678
6月2,81130位圏外4,84530位圏外30位圏外8,480
7月
8月
9月
10月
11月
12月

合計CX-5アクセラデミオCX-3アテンザインプレッサ
6月22,82712,91726,1766,1983,68741,272

黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています。

CX-3にガソリンモデルが追加になりましたが、月販目標台数はそのままらしいです。「穴埋め」のためのグレード追加です。穴埋めの効果が分かるのは、9月頃ですから、まだ先ですね。

それにしても、いくらモデルサイクル後半とはいえ、アクセラがインプレッサに水を開けられすぎです。「車は良いのにマーケティング力で負けている」としておきます。乗った印象では、アクセラの方が楽しめると思いました。後席や荷室の「狭さ」は、どっこいどっこいです。CarPlayやAndroid Autoは関係ないですし…未だにマツダコネクト(2DINナビを付けられない)が足を引っ張っているとすれば、打つ手なしです。

アイアクティブセンスなんて言い難いネーミングにするから、アイサイトのように一般に浸透しないんだろうな。試験の成績が良く、玄人受けも良かったとしても、売れなければ飯の種にはまりませぬ。