マツダ、タイ南部に新コンセプト店をオープン

マツダセールス(タイランド)が、新しいコンセプトの店舗をタイ南部に開設したと報じられています。


マツダセールス(タイランド)は3日、タイ全国の販売・アフターサービス水準を統一させる新コンセプト「マツダ・コーポレート・アイデンティティー(MCI)」に沿ったショールームをタイ南部スラタニ県に開設したと発表した。

タイでマツダのショールーム・サービスセンターを13カ所運営するVグループ・カーが設置。傘下のVグループ・カー・マツダ・スラタニが運営する。

マツダは、タイでも立派なディーラーを展開するようですね。

Vグループ・カーをググってみると、フォードや三菱、ヒュンダイなども取り扱っていてい、中古車では、ガリバーとも手を組んでいるとは…。

ちなみに、タイでの売上は、

マツダの1~3月の販売台数は前年同期比6%増の1万1,562台。3月に30%近い伸びを示すなど好調を維持している。

マツダは、これから毎年5万台ずつ販売を伸ばさないとならないので、ASEAN市場もとても重要ということですね。

マツダ、新コンセプト店を南部に開設 – NNA ASIA

広告

フォローする