マツダ次期ロードスターは今よりもさらにに軽くなる?

Autocarが、次期ロードスター(MX-5)について山本主査のインタビューを交えて記事にしています。

山本主査は、次期ロードスターがND型よりも小さくなることは、ほとんどないと言っているそうです。ただし、カーボンファイバーのような、軽量素材を安価に使用できることが前提になっているようです。

“The size is right,” said Yamamoto. “But in the future lightweight materials will be very important and will be used in this car. Now carbonfibre is very expensive, but we have in development affordable carbonfibre, so the MX-5 will be lighter in the future.”


エンジンの小型化に対しても、車が軽くなったように大きなエンジの必要性は減少している、と言っています。

On the subject of downsized engines, Yamamoto said as the car got lighter, the need for a big engine reduced.


Autocarでは、次のジェネレーションでは3気筒の採用でより軽量化するだろう、のようなことを言っていますが…。

SEMA 2015に出品した「MX-5 Speedster」は、所々にカーボンファイバーを使い、約910kgという超軽量を実現していました。
https://super.asurada.com/cars/mazda/2015/24366/


Next Mazda MX-5 will be lighter and more efficient than ever | Autocar

広告
 

フォローする