マツダ、2年連続米国環境保護庁の燃費レポートでトップを獲得

マツダは、米国環境保護庁(Environmental Protection Agency、EPA)が、10月8日に公表した2013モデルイヤー車の「燃費トレンドレポート」において、マツダの企業平均燃費値が、総合1位であったと発表。マツダの総合1位獲得は2年連続だそうです。

EPAの「燃費トレンドレポート」は、当該モデルイヤーとして米国で発売された車種の燃費動向をまとめたもので、各社別に企業平均燃費実績値*2を集計した結果などが公表されています。マツダの2013年モデル総合の平均燃費は、28.1mpgで、前年比1.0mpgの改善となりました。

【MAZDA】マツダ、米国環境保護庁(EPA)燃費トレンドレポートの「企業平均燃費値」で2年連続総合1位獲得|ニュースリリース

北米マツダによると、『i-ELOOPを搭載したMazda6は、40 highway MPGでクラストップ、CX-5もハイブリッドを含むSUVセグメントで最高のhighway MPGを維持している』そうです。また、北米マツダでは、他の企業も含めた燃費を公表しています。

MY 2012-2014 Manufacturer Adjusted Fuel Economy and Adjusted CO2 Emissions
MY 2012 FinalMY 2013 FinalMY 2014 Preliminary
ManufacturerFuel Economy (MPG)CO2 Emissions (g/mi)Fuel Economy (MPG)Change from MY 2011 (MPG)CO2 Emissions (g/mi)Change from MY 2011 (g/mi)Fuel Economy (MPG)CO2 Emissions (g/mi)
Mazda27.132828.1+1.0316-1228.8309
Honda26.633427.4+0.8324-1027.6322
Subaru25.235226.7+1.5332-2027.5324
Nissan24.136926.2+2.1339-3026.8332
VW25.535525.7+0.2353-226.7340
Toyota25.634725.1-0.5354+725.8344
BMW23.737724.5+0.8363-1426.0344
Diamler21.142622.4+1.3399-2722.8393
Ford22.839022.2-0.6400+1023.4380
GM21.741022.0+0.3404-622.0404
Chrysler-Fiat20.144220.9+0.8425-1721.1420
All23.637624.1+0.5369-724.2367

MAZDA TOPS U.S. ENVIRONMENTAL PROTECTION AGENCY FUEL ECONOMY REPORT FOR THE SECOND TIME – Oct 9, 2014