トヨタ、部品メーカーへのサイバー攻撃により国内全工場の操業を停止(更新)

トヨタ自動車は、国内仕入先(小島プレス工業株式会社)へのサイバー攻撃によるシステム障害のため、3月1日の国内全工場の操業を停止すると発表しています。日野やダイハツにも影響が及んでいます。

2022.3.1更新
トヨタは、2022年3月2日から国内工場の稼働を再開すると発表しています。

国内仕入先(小島プレス工業株式会社)におけるシステム障害の影響を受け、本日3/1(火)の国内全14工場28ラインの稼働を停止しておりますが、明日3/2(水)1直より、すべての稼働を再開することを決定いたしました。本日の急遽の稼働停止にあたり、お客様および仕入先、関係先の方々には、様々なご不便をお掛けしましたことを、改めてお詫び申し上げます。関係仕入先の皆さまとともに、1日でも早く多くお客様のもとにお車をお届けできるよう尽力してまいります。

3/2(水)以降の国内工場における稼働再開について | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

トヨタ、部品メーカーへのサイバー攻撃により国内全工場の操業を停止

トヨタのニュースリリースでは、サイバー攻撃とは名言はしていません。

国内仕入先(小島プレス工業株式会社)におけるシステム障害の影響を受け、3/1(火)(1直・2直ともに)国内全14工場28ラインの稼働を停止することを決定いたしました。お客様及び関連仕入先の方々には、様々なご不便をお掛けすることをお詫び申し上げます。

2022年3月 国内工場の稼働について(2/28時点) | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

日野自動車も3月1日の国内工場の操業を止めると発表しています。

日経新聞では、関係者の言葉としてサイバー攻撃を受けたとしています。

トヨタ自動車は28日、3月1日に国内全工場(14工場28ライン)の稼働を停止すると発表した。トヨタ車の部品をつくるサプライヤーがサイバー攻撃を受け、部品供給を管理するトヨタのシステムが影響を受けたため。2日以降に通常稼働に戻せるかどうかは精査中とみられる。トヨタは日本経済新聞社の取材に対してコメントを控えた。

国内全工場を1日に止める影響は、トヨタの国内の月間生産台数の約5%にあたる1万数千台に上る。

サイバー攻撃を受けたのはトヨタの主要なサプライヤーの1社で、樹脂部品を手掛ける小島プレス工業(愛知県豊田市)とみられる。小島プレスに近いサプライヤー関係者は「何らかのサイバー攻撃を受けたのは事実」とし、「被害状況は確認中で、トヨタの生産システムがいち早く復旧できることを最優先に対応を急ぐ」と話した。

トヨタ、国内全工場を停止へ 部品会社にサイバー攻撃: 日本経済新聞


今回このニュースを取り上げたのは、いつ何が起こってもおかしくないような、とても不安定な状況・情勢にあるんだという再認識のためです。台風や地震などの天災、新型コロナウイルスによる労働力不足、国際紛争などなど…。各メーカーさんは、いい加減に自動車の開発・生産に専念させてくれ!と言いたいでしょうね。そして、納車を待っている多くのユーザーも気が気でないと思います。

今回、部品メーカー一社へのサイバー攻撃で、トヨタ系の多くの国内工場にこうした影響が出てしまうのにも驚いています(実は、裏があるかもしれませんね)。2月28日22時頃、小島プレス工業のホームページに繋がらない状況となっていました。

日本全体の産業への影響を考えても、一日も早く通常操業に戻って欲しいと思っています。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    このコロナ禍に、半導体不足、石油の高騰、世界情勢の不安定性等、自動車をはじめ色々な分野でこの先が全く読めない状況にあり、世界経済がちょっと心配です。