J.D. Power、2021年米国自動車セールス満足度調査(SSI)を発表

J.D. Powerが、2021年の米国自動車セールス満足度調査(Sales Satisfaction Index Study)の結果を発表しています。マツダは、業界平均以下です。

引用している日本語は、英語を機械翻訳したものです。

J.D. Power、2021年米国自動車セールス満足度調査を発表

2021年の調査の概要

2021年のスコアの概要

全体的な販売満足度は789ポイント(1,000ポイントスケール)のままです。購入者が車両を購入したディーラーの満足度は2ポイント増加して841になり、拒否されたディーラーの満足度は6ポイント減少して632になります。

今調査の概要

2021年の米国販売満足度指数(SSI)調査は、2021年3月から5月に新車を購入またはリースした35,387人の購入者からの回答に基づいています。この調査は、新車購入の経験を包括的に分析し、販売に対する顧客満足度を測定します。ディーラー(バイヤーの満足度)。この調査では、購入されたが最終的には販売販売店を支持して拒否されたブランドと販売店の満足度(拒否者間の満足度)も測定されます。この研究は2021年7月から9月まで実施されました。

主な調査結果

  • 新しい車を作ると、買い手が来るでしょう
    在庫不足に最も苦しんでいるメーカーは、競合他社に買い物客を失っています。「ディーラーにとっての朗報は、在庫不足のためにディーラーを拒否する拒否者の78%が、将来の車両購入のためにディーラーを検討することを示していることです。言い換えれば、彼らは彼らの新しい車を見つけることができないことで小売業者を非難しているのではありません」
  • 新しいバッテリー式電気自動車の購入者は、販売経験にあまり満足していない
    次電池式電気自動車(BEV)の購入者と内燃機関(ICE)車の購入者の間には、満足度に大きな格差があります。全体的な購入者満足度指数は、従来のガソリン車(844)よりもBEV(790)の方が54ポイント低くなっている。この原因は、ディーラー担当者の車両知識/専門知識です。
  • 遠隔地の購入者はデジタル小売にもっと満足している
    調査によると、販売店に実際に出向かなくても車を購入する意思があり、購入できる購入者の満足度は、プレミアム市場とマスマーケットの両方のセグメントで、購入者よりもはるかに高いことがわかった。

ランキング

マスマーケットブランド

J.D. Power、2021年米国自動車セールス満足度調査を発表

プレミアムブランド


2021 U.S. Sales Satisfaction Index (SSI) Study | J.D. Power