[雑感]隣の芝生は青く見えてしまう

[雑感]隣の芝生は青く見えてしまう

SUBARUやホンダ、トヨタも新型車のティザー画像を公開したり、予告をぶちかましたりしています。新型車の話はワクワクしますよね、羨ましいです。

新型車の告知が頻発しているようですが…

SUBARU

SUBARUは、BRZでも引っ張りましたが、今度はWRXのワールドプレミアを予告です。

 北米スバルの公式サイトにて、「WRX」の2022年モデルの登場が予告されている。詳細は明らかにされていないが、公式サイトでは陽ざしを背景にシルエットがわずかに見える画像が公開されている。サイトには「LEGENDS ONLY GROW STRONGER.」とあり、伝説的なマシンがさらなる高性能で登場することが予想される...

そして、すぐさまアウトバックの国内導入も予告済み。

 スバルは、同社公式Webサイトに新型「レガシィ アウトバック」の特設Webサイトを開設、今秋の日本登場を予告した。

トヨタ

トヨタは、なんとな〜くカローラクロスの国内導入をにおわせています。

 トヨタ自動車は8月13日、カローラシリーズの世界累計販売5000万台達成を記念したTVCM「【カローラシリーズ】TVCM 進化の軌跡 篇」を同社公式YouTubeチャンネル「トヨタチャンネル」において公開した。

ホンダ

ホンダは、アキュラブランドですが、インテグラの復活を予告(NSXを止めた代わり?)です。

 本田技研工業は8月12日(現地時間)、米国で開催されているモントレーカーウィークにおいてアキュラブランドに新型「インテグラ」を導入すると発表。インテグラの復活を宣言した。

さらに、CR-Vの新型車のテスト車両が目撃されました。

The new generation of the Honda CR-V is on its way to rival the likes of the Toyota RAV4, the Nissan X-Trail and the Mitsubishi Outlander.

日産

日産は、いよいよ新型Zのアメリカ仕様を発表です。

 日産自動車は、米ニューヨークで披露される新型「Z」(米国モデル)発表会をオンラインで生中継することを明らかにした。

マツダ

今のところ正式なアナウンスはありませんが、テスト車両の目撃はありました。

再び、マツダのテスト車両が、イーストロサンゼルス周辺の高速道路で目撃されています。フロントデザインからもマツダのテスト車両の可能性がとても高いと思われます。

2ドアスポーツカーのシルエットが分かる特許が公になりました。ただし、特許なので実際に形になるとは限りません。ロータリーエンジンの特許もたくさん出願されていますが、未だに登場していないことと同じですね。

これまで明らかになっている特許からも、マツダは、スペースフレーム構造を持つ2ドアスポーツカーの開発を進めています。ただし、現実になるかは別です。

テスト車両のスクープなんて、人目につきやすいルートを走らせるだけでいいのですから、どんどん前評判を煽るためにもスクープされるように走ればいいと思います。

マツダにとって、新型車の公式発表がない一年間がどれほどマイナスか…他社がどんどん攻勢をかけてくる中、存在が希薄になりそうです。せめて、CX-3の大幅改良とかをセットできなかったのでしょうかね。

フォローしませんか?

 

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    かつてのマツダは、新型車が出るまで(現行モデルの末期状態)存在感が薄くなり、販売も尻すぼみになっていて、いざ新型車を出すとどっかーんと販売が増えて、また尻すぼみとなる繰り返しでした。そういったことを案じてか今は、不定期改良をかかんに行っているのかなとも受け取れます。ただ、今は難しい時代ですね、10年過ぎたアクアがモデルチェンジ直前までよく売れていたりとか、結局は国内ニーズに合ってブランド力の強いところが売れる構図になっているのが、正直悔しいところではあります!それだけに、マツダを心底応援するのですが・・・。