RAYS、VERSUS「VT125S」を新発売

RAYSは、2×5スポークをデザインベースとし、設計にレーシングホイールの技術を取り入れるとともに、独創のビジュアルを決定づける表面処理を施した鋳造1ピースホイールVERSUS「VT125S」を発売しています。

ドレスアップホイールの次なるスタンダードVERSUS「VT125S」

2×5スポークをデザインベースとしつつ、その設計にレーシングホイールの技術を取り入れるなど、軽量・高剛性に根ざした性能面のアップデートはもちろんのこと、独創のビジュアルを決定づける表面処理もまさに最新。TURISMOの系譜であることを象徴する外周のレタリングには、RAYSの特許技術「A.M.T.(アドバンスドマシニングテクノロジー)」を用い、さらに新たに開発した着色技術「RAP(レイズアートペインティング)」を本作で初採用。VERSUS VT125Sを彩る先進の表現、それはドレスアップホイールの次なるスタンダードです。

RAYS – The concept is racing.

バリエーション

RAYS、VERSUS「VT125S」を新発売スーパーダークガンメタ/文字MC/RAP(レッドクリア) (A8J)

サイズと価格(税抜)

18インチ7.5J(43,000円)〜19インチ8J(50,000円)の7モデル展開です。Mazda3にも適しているサイズ(インセット45mm)もあります。

Mazda3の装着イメージを作ってみました。


外周に入った白色と赤色の文字がオシャレですねぇ。スーパーダークガンメは装着した際の締り具合もいい感じです。

装着ギャラリーに登場する車が、コンパクトやミニバン、SUVなどバラエティーに富んでますね。ベーシックな2×5デザインなのでいろいろな車に合うということなのでしょう。