東京モーターショー2021は開催中止。次回は「東京モビリティショー」として開催予定

東京モーターショーを主催する日本自動車工業会は、今年開催を予定していた東京モーターショー2021の開催を中止する方針を明らかにしています。次回は「東京モビリティショー」として開催する意向も示しています。

次回東京モーターショーについて

東京モーターショーのホームページには、以下のように開催を中止する案内が掲載されています。

今秋10月に予定しておりました東京モーターショーについては、オンラインも使った、より魅力ある企画を検討してまいりましたが、多くのお客様に、安全・安心な環境で、モビリティの魅力を体感いただけるメインプログラムのご提供が難しいと判断し、開催を中止することといたしました。
次回は、さらに進化した「東京モビリティショー」としてお届けしたいと思っておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

自工会会長、豊田章男氏による説明

「前回のモーターショーでは、モビリティの楽しさを体感できるプログラムを数多く用意し、130万人を超えるお客さまにご来場いただきました。今回、オンラインも使ったより魅力ある企画を検討してまいりましたが、多くのお客さまに安全、安心な環境でモビリティの魅力を体験いただけるメインプログラムのご提供が難しいと判断し、開催中止を決定致しました」と豊田会長。

また、今後の開催に向けては「次回はさらに進化した、『東京モビリティショー』としてお届けしたいと思っておりますので、今後ともご支援よろしくお願い致します」と、『モーター』という単語にこだわらず、さまざまなモビリティに関するイベントになることを示唆した。

東京モーターショー、2021年の開催は中止に。次回『東京モビリティショー』としての開催目指す | クルマ | autosport web


東京モーターショーの開催が中止されるのは、これが初めてだそうです。

中国では上海モーターショーが開催されたばかりですが、中国と比較しても日本国内の状況が依然として厳しいので、この判断は致し方ないのでしょう。

発表自体は、オンライン形式でも用は足りるかもしれないですが、「体験」についてはVRなどを駆使しても本物にはかないませんからこの点では残念です。