スバルとトヨタ、共同開発中のCセグメントSUV電気自動車を意匠を登録

スバルとトヨタが共同開発し、2020年代前半に発売を見込んでいるCセグメントSUV電気自動車のエクステリアデザインを意匠登録しています。

意匠登録1647999

  • 【発行日】2019年12月16日
  • 【登録日】2019年11月22日
  • 【意匠に係る物品】乗用自動車
  • 【出願番号】意願2019-10727
  • 【意匠権者】トヨタ自動車株式会社、株式会社SUBARU

スバルとトヨタ、CセグメントSUVのEVを意匠を登録

スバルとトヨタ、CセグメントSUVのEVを意匠を登録

意匠登録1647999

今回の技術ミーティングで公開されたモックとは、フロントデザインが多少異なっているように見えます(トヨタ版?)。これは量産車ではなく、デザインスタディモデル(試作車)として公にするためのもののようです。

スバルとトヨタが共同開発する電気自動車


トヨタ自動車とスバルは6月6日、中・大型乗用車向けの「EV専用プラットフォーム」と、Cセグメントクラスの「SUVモデルのEV」を共同開発することで合意した。共同開発した車両は両社のブランドで販売する予定。

トヨタとスバル、「EV専用プラットフォーム」「SUVモデルのEV」共同開発 – Car Watch

SUBARU 技術ミーティング

技術ミーティングでこのEVについて触れている資料です。昨年6月では発売時期は発表されませんでしたが、2020年代後半にも市場投入するとされました。

スバルとトヨタ、CセグメントSUVのEVを意匠を登録

「SUBARU 技術ミーティング」を開催


連名で出願するものなのですね。共同開発ながら、スバルの電気自動車が形になってきました。