J.D. パワー、2019年日本自動車耐久品質調査(VDS)の結果を発表。マツダは国内ブランドで最下位

J.D. パワーが、2019年日本自動車耐久品質調査(VDS)の結果を発表を発表しています。マツダは国内ブランドで最下位となってしまいました。

2019年日本自動車耐久品質調査(VDS)

新車購入後37~54ヶ月経過したユーザーを対象に8分野177項目でユーザーの不具合経験を聴取している。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(Problems Per 100 vehicles = PP100)として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。

8分野とは

  1. 外装
  2. 走行性能
  3. 装備品/コントロール/ディスプレイ
  4. オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)
  5. シート
  6. 空調
  7. 内装
  8. 「エンジン/トランスミッション

  • 実施期間:2019年6月~7月
  • 調査方法:インターネット
  • 調査対象:新車購入後37カ月以上54ヶ月以内のユーザー
  • 回答者数:20,978人

2019年の調査結果の概要

業界平均の不具合レベルが前年よりわずかに改善
  • 総合不具合指摘件数は72PP100、前年の75PP100に比べ、3ポイント減少した。分野別の変化はわずかだが、「外装」(12.9PP100、前年比-1.6ポイント)、「エンジン/トランスミッション」(10.7PP100、前年比-1.1ポイント)の他、8分野中6分野で前年に比べ不具合指摘件数が減り、業界全体として耐久品質の改善は進んでいる。
  • ブランド別では、2018年、2019年とも調査対象となった14ブランドのうち、10ブランドで不具合指摘件数が減り、耐久品質が改善した。
ディーゼル車のエンジン/トランスミッションの耐久品質に課題
    「エンジン/トランスミッション」に関する不具合指摘は、業界平均で10.7PP100、前年比-1.1ポイントで改善した。しかしエンジンタイプ別にみると、ディーゼルエンジン車は24.0PP100、前年比+5.5ポイントで不具合指摘件数が増加している。詳細項目としては、エンジン警告灯が点灯、排気系の不具合等について不具合指摘の増加が確認されている。

ブランド別ランキングではマツダが国産ブランドで最下位

「ディーゼル車のエンジン/トランスミッションの耐久品質に課題」と指摘されているブランド(メーカー)は、マツダが筆頭でしょう。他にベンツやBMWなどの海外ブランドが挙がると思われます。

そういう結果の反映か、マツダやドイツ三大ブランドやそれになどが軒並み下位です。トヨタとレクサスがワンツーと言うはさすがです。

J.D. パワー、2019年日本自動車耐久品質調査の結果を発表

マツダは昨年より3PP100悪化

マツダは、昨年の102PP100から今年の105PP100に悪化しています。8項目の不具合指摘件数の内訳が不明なので悪化の要因がディーゼルエンジン絡みなのかまでは分かりませんが、マツダにとってやはり品質の向上は最重要課題に間違いないと思います。


2019年日本自動車耐久品質調査(VDS) | J.D. POWER

昨年10月にJ.D. パワーが発表した「2016年日本自動車耐久品質調査(VDS)」によると、不具合を経験すると同じブランドの再購入意向が15ポイント低下します。