[動画]レクサス、量産車初のデジタルアウターミラーを国内向け新型ESで採用

レクサスは、量産車として初めてデジタルアウターミラー(ミラーレス)を国内向け新型ESで採用しました。

LEXUSは、日本向けの新型ESに、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用することを発表しました。

デジタルアウターミラーは、車両のフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置された5インチディスプレイに表示。カメラ部を雨滴が付着しにくい形状としたほか、ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保しました。

なお、日本での新型ESの発売は、2018年10月下旬を予定しています。

LEXUS、デジタルアウターミラーを量産車に世界初採用


遂にミラーレス者の登場です。ディスプレイをAピラー根本に置いただけのようなレイアウトに少し残念な気もします。サイドガラスが水滴だらけでもしっかり後方が見えるのが良いですね。デジタル処理にすると、いろいろな表現ができるのが良いです。