EU、2021年からアルコール検知機能など12の安全装備を義務化

AUTOCARによると、EU(欧州委員会)は、2021年以降に発売される車に対して、アルコールや居眠り検知など12の安全装備を義務化するそうです。

義務付けられる12の安全装備

欧州における交通死亡事故を減らすため、2021年以降に発売されるクルマに対し12の新たな安全基準が設けられた。

現在、EU全体での事故死者数は年間2万6000人程度だ。これを2030年までに半分の1万3000人まで減らすという目標が掲げられている。

2010年以降、欧州の道路における死亡率は20%程度減少した。しかし、欧州委員会によれば2013年以降特段の減少が見られていないという。この新規制は1万500人の命を救い、重傷者も5万9600人減らすことができると予想されている。

EU、12の安全装備を義務化 アルコール/居眠り検知など 21年〜 – 海外ニュース | AUTOCAR JAPAN

安全装備一覧

  1. アドバンスド・エマージェンシー・ブレーキ
  2. アルコール検知機能
  3. 居眠り運転検知機能
  4. 注意散漫状態検知機能
  5. ドライブレコーダー
  6. 緊急停止シグナル
  7. 前面衝突時の乗員保護の強化およびシートベルトの改善
  8. 歩行者頭部保護ゾーンの拡大および安全ガラス
  9. インテリジェント・スピード・アシスト
  10. レーンキーピングアシスト
  11. 側面衝突時の乗員保護
  12. 後方カメラまたはセンサー


中でも気になるのが、アルコール検知機能とインテリジェント・スピード・アシストです。前者はこれまで、商用車では採用がありますが、乗用車の採用はあまり耳にしていないです。そして、後者は「制限速度を自動的に認識して速度を調節するもの」だそうです。

この2つの機能だけでも、路上の秩序が保たれそうです。日本でも採用されないでしょうか…特にアルコール検知機能は。

それはそうと、自動運転が広く普及した時、制限速度以下でしか走らない車に乗ることに満足するのでしょうか。

European Union lists safety features mandate for 2021 | Autocar

広告
 

フォローする