[動画]国土交通省、衝突被害軽減ブレーキの注意事項を啓発する動画を公開

国土交通省は、衝突被害軽減ブレーキには正しく作動しない条件があることを理解するための動画を公開しています。

近年、衝突被害軽減ブレーキの普及が進んでいますが、同装置が正常に作動していても、走行時の周囲の環境によっては障害物を正しく認識できないことや、衝突を回避できないことがあります。
このため国土交通省では、衝突被害軽減ブレーキにより衝突回避が難しい状況について、不動作状況時の車両挙動等を実車の走行試験により確認し、衝突被害軽減ブレーキの使用上の注意点を解説した啓発ビデオをホームページに公開しましたので、是非、御覧いただき、事故防止にお役立てください。
衝突被害軽減ブレーキを正しく使用するための注意事項

  1. 衝突被害軽減ブレーキは完全に事故を防ぐことができません。
    運転者はシステムを決して過信せず細心の注意をはらって運転してください。
  2. 衝突被害軽減ブレーキの作動する条件は、自動車の取扱説明書に記載してありますので、車種毎に異なる作動条件を把握してください。


何度も西日が強い日にSCBSのウォーニングランプが点灯する場面に遭遇しています。こういう時は、ドライバーの視界も見難くなっています。補助する機能も一緒になって眩しがっていたらダメですよねぇ。

今日も強い西日を浴びてカメラをセンサーに使う機能のウォーニングランプが点灯しました。

こういう点を見ても、自動運転なんてまだまだ先だと思えます。