[雑感]今週の気になるニュース(20180401)[動画]

トヨタが、夜間の歩行者検知も可能な「自動ブレーキ」を採用、訴求し始めています。マツダも6月に出る改良モデルから採用するはずです。

その夜間と歩行者という条件のもと、アメリカでは自動運転車が、死亡事故を起こしてしまいました。この事故は、その後、和解が成立しています。

事故当時の動画を見ると、お目付け役の男性が、本当に事故直前まで歩行者に対する認識はなかったように見えます。システムが、まったく検知できずに警報も鳴っていなかったということなのでしょう。ノーブレーキで衝突してしまっているに見えるのが、とても恐ろしいです。

そして、夜間の歩行者も検知できるという謳い文句の「自動ブレーキ」の登場です。トヨタの説明動画がありました。これを見ると、歩行者が肉眼では目立たない服装でも関係ないようです(集団だとダメなのが不思議)。

システムが違うとか、あくまでもドライバーをサポートする機能だとか言っても、最悪の結果を招かないようにする目的が果たせなかったのは、今後に大きな課題を残したと思います。

自動運転車を普及させるためには、人が車に見つかりやすくするように常時発振器を身につける、なんてことになるかも知れません。

完全自動運転車は、万が一にも死亡事故を起こしてはいけないと思います。


参考記事:自動運転Uberの死亡事故はLiDARの削減が原因か。高い車高も死角拡大の可能性 – Autoblog 日本版


トヨタの説明動画を見ると、前方が見え難い時のような本当にサポートして欲しい場面は、現状のセンサーも苦手にしています。このままだと、しょっちゅう完全自動運転車が、路肩に停車し走行条件が改善されるのを待つことなりそうです。それと、チェーンを付けたらシステムをOFFにするなんて知らなかった。

そうそう、マツダのALHが、西日を受けてシステムエラーになり、自動復帰しない点は改善されたのかな? システムエラー中にALHが必要な場面に出くわすことは想像しにくいけど、原因がなくなっているのに復帰しないのは、不便だと思う。

広告
 

フォローする