ダイキョーニシカワ、新本社及び本社工場を建設

マツダの内外装の主要部品を生産する、ダイキョーニシカワが新しい工場と本社を建設するそうです。


自動車部品のダイキョーニシカワは約125億円を投資し、広島県東広島市の工業団地に工場棟と本社棟を新設する。

両棟は2月に着工する。工場棟は2階建てで延べ床面積は3万3909平方メートル。12月末に完成予定で順次生産を始める。部品の工程間で移動しやすくなるため、生産効率が高まる。マツダが2018年内に量産を開始する次世代車種の部品の生産を視野に入れる

ダイキョーニシカワ、東広島に工場・本社棟 125億円投資: 日本経済新聞

ダイキョーニシカワのリリースでは、マツダの「マ」の字もありませんが、日経ではマツダとからめて記事を書いています。


新本社/本社工場建設のお知らせ|ダイキョーニシカワ株式会社

広告

フォローする