[雑感]今週の気になったニュース(2080121)

日経新聞は、環境問題、EV規制、ユーザー嗜好の関係からなる北米市場の難しさを記事にしていました。

ホンダの北米地域本部長、神子柴寿昭専務は足元でガソリンエンジンのライトトラックが売れていることを指摘。「乗用車と比べて燃費の良くない、環境負荷が高い大型車だ。それがお客様の今の思考であるのは事実」と話す。環境と財布が許せば、大きな車をゆったり乗りたいと考える消費者が多いのが米市場だ。

売れ筋は大型車 メーカー、環境規制と消費者の板挟み: 日本経済新聞

デトロイトモーターショー2018では、EVなど次世代車に関わる展示が多く、今後は大型車や内燃機関をは下火になるのだろうという予想や思惑、方針とは裏腹に北米市場は、大型車が売れています。

ラム 1500 新型、大型ピックアップトラックに新世代48VマイルドHV…デトロイトモーターショー2018で発表(レスポンス) – 【モーターショー】ニュース – carview! – 自動車

と言う話もありましたが、3.6リットルV型6気筒ガソリンと5.7リットルV型8気筒ガソリンに設定されるといいます。焼け石に水ですわ。こんな調子で10年間で大転換できるのでしょうか?

広告
 

フォローする