[CES 2018]トヨタ、レンジエクステンダーとしてマツダのREを搭載

トヨタは、CES 2018においてモビリティサービス専用次世代電気自動車を発表しています。このEVの仕様によってはマツダのロータリーエンジンをレンジエクステンダーとしての搭載を検討しているそうです。

トヨタの発表から一部を引用します。


モビリティサービスパートナーとして、Amazon.com, Inc.、Didi Chuxing、Pizza Hut, LLC、Uber Technologies, Inc.に、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ株式会社、Uber Technologies, Inc.にご参加いただきます。アライアンスパートナーには、サービスの企画段階から参画いただき、実験車両による実証事業をともに進めていく予定です。

今後は、2020年代前半には米国を始めとした様々な地域でのサービス実証を目指すとともに、2020年には一部機能を搭載した車両で東京オリンピック・パラリンピックのモビリティとして大会の成功に貢献していきたいと考えています。

トヨタ自動車、モビリティサービス専用EV “e-Palette Concept”をCESで発表 | CORPORATE | トヨタグローバルニュースルーム

マツダの参加って…EVに関しては「EV C.A. Spirit」ですべてをまかなうのではなく、こうしたプロジェクトごとに参加するのでしょうか。

そして、トヨタのリリースや社長のスピーチにはありませんが、マツダのロータリーエンジンをレンジエクステンダーとして搭載するそうです。

走行距離によってレンジエクステンダータイプも想定しており、レンジエクステンダーの発電機には、コンパクトなマツダのロータリーエンジンの搭載を考えているという。

【CES 2018】トヨタ、豊田章男社長がCESでプレゼン。自動運転技術を活用したモビリティサービス専用EV「e-Palette Concept」発表

このコンセプトカーの実車展開の一つに2020年の東京オリンピックがあるというのが、少し驚きです。トヨタはタクシーの次にこうしたEVで日本の景色に変化を与えるんですね。