新車乗用車販売台数2016年9月のランキングが発表になりました

ホンダ ヴェゼルの首位は安泰。一方、マツダのクロスオーバー/SUVの30位圏外ももはや常態化でしょうかね。

ヴェゼル
〈4,000台〉
エクストレイル
〈2,500台〉
ハリアー
〈2,500台〉
CX-5
〈1,000台〉
CX-3
〈3,000台〉

フォレスター
〈2,000台〉

1月5,5845,5373,2632,2562,9153,085
2月7,0357.3673,3433,3143,2473,125
3月8,9698,4474,8222,9912,3173,858
4月4,6352,9472,5281,2781.0061,846
5月5,7763,7402,1481,5861,4221,710
6月7,1844,1213,2181,4851,5221,963
7月6,2954,1183,3401,4451,3501,816
8月5,0663,3312,8551,2369912,006
9月8,2965,9593,833圏外圏外2,190
10月
11月
12月

合計ヴェゼルエクストレイルハリアーCX-5CX-3フォレスター
9月58,84045,56729,35015,59114,77021,599

マツダが、行っている「ディーラーには常に最新の車を飾る」と言う施策は、ユーザーにはほとんど響いていないようです。このような施策では、ある意味「モデル末期」のような話は存在しないわけですが…売れない理由を市場では「新車効果が無くなった」と捉えています。

また、そもそもの車の価値が、値引きをしないと釣り合わないと思われている時点で、とてもプレミアム路線を強化できないと思いますが…。

アクセラは、大幅改良以降、今のところ前年比プラスに推移していて、改良の効果は出ているようです。

コメント

  1. 通りすがりのツダオタ より:

    今、日本国内の営業目標はCX-3 とCX-5についてはかなり落としています。通常よりもかなり低くなっているようです。
    理由は、CX-3 の年次改良とCX-5のフルモデルチェンジを控えているからで、CX-3 は12月から、CX-5は来年2月からの販売目標が戻るということなので、そのタイミングで販売ですね。